素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

大学院は意外と忙しい!進学して後悔しないために

就職をまだしたくない人や、研究を続けたいから進学する人、就職を有利に進めるために進学する人など様々な理由で大学院へ進学する人がいます。

しかし、よく考えずに進学してしまうと、後悔してしまうこともあるので注意が必要です。個人的な見解が多く含まれていますので、参考程度で見てください。

 

目次

安易に決めるべきではない理由

大学院はあまり忙しくないと思う方もいるかもしれませんが、意外と忙しいです。研究室によって差は大きいですが、大学4年生よりも忙しくなることが多いです。

忙しくなる理由には以下のようなことがあります。

・大学院の授業を受けなければならない

・学生実験の手伝いがあるかもしれない

・研究を続けなければならない

・就職の準備をする必要がある

・論文作成や発表や学会がある

大学院の授業を受けなければならない

大学院では学部と同じように授業の単位を取得しなければなりません。今までの授業よりもより専門的な内容になります。授業を聞いていないとついていけないことも多いです。また、今までの知識も必要になってくることもあります。

授業は、学部ほど必要単位は少ないですが、期間も短いので意外と重荷になります。

学生実験の手伝いがあるかもしれない

学校によっても違うと思いますが、学生実験の手伝いをしなければならない場合があります。お金がもらえればまだいいですが、もらえないところもあるかも??しれません。私のいた大学ではお金がもらえていましたが、予備実験などもあり、時給としてはあまり良くないそうです。

学生実験の日はそちらに時間を割かなければならないため、自分の実験をあまりすることができません。

研究を続けなければならない

大学4年生の研究を引き続き行う必要があります。研究室によって、ペースなどは変わりますが、忙しいところではこれらと並行して行わなければいけないので、大学4年生よりも忙しくなります。

就職の準備をする必要がある

大学院1年生からもう就職の準備をしていく必要があります。就職活動の要領もあまり良く分からないと思います。並行して行うのは大変です。

論文作成や発表や学会がある

研究室によって違いますが、多くの研究室ではポスター発表などをしなければなりません。論文作成や発表の準備はとても大変です。

また、大学院の卒業には卒業論文の提出や発表もあります。学部卒業よりも厳しいと思います。

 

これらの理由から学部よりも大分忙しくなります。研究だけでなく、就活と学会発表などを並行して行うのは大変です。研究者になりたい人であれば良いですが、研究などが嫌いな人にとっては辛いかもしれません。

就職活動は遅くなるか早くなるかというだけで、どっちにしても忙しいです。理系だから理系職しか就職できないということもありません。大学院に進学して後悔しないように気を付けましょう。

www.afirizakki.com

www.afirizakki.com