素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

理系大学の実験が得意な人と苦手な人。勉強できるは関係ない

大学で理系の学部や学科に入学したときに、実験の授業を受けることがある人も多いと思います。特に、物理、化学、生物系の場合には、実験はどの学年でもあり、とても重要です。また、実験の授業だけでなく、研究室配属後にも実験はします。

このページでは、実験の得意な人と苦手な人の特徴や、研究室配属後での学生実験の影響や私の場合について書いています。

こちらの記事もおすすめです!

www.afirizakki.com

理系の実験について

私は化学出身だったのですが、他の生物や物理も同様で実験が大変でした。学生実験の授業は、大学1,年生と2年生の前期までは週に1回3時間程度でした。大学2年生の後期と3年生では週1回6時間~8時間程度でした。

生物系の方が若干実験は多そうで、物理は化学系よりも若干少なそうなイメージでした。また、大学によっては少し違うかもしれませんが、理系の実験はこのくらいあります。

実験の得意な人の特徴

・コミュ力が高い

・要領が良い

コミュ力が高い

一番はコミュ力だと思います。周りの学生とわからないところは確認しながら行動し、また、先輩や先生にすぐに聞けることだと思います。

特に、先輩と仲良くなれば先輩の方からもどんな感じ?や常に話をしながら近くにいてもらうことができ、スムーズに実験を進めることができます。

要領が良い

実験の進行で、常に先のことを意識してその準備をしています。少しの空き時間があれば次のための準備をしています。料理と似ている部分があります。

実験の苦手な人の特徴

実験の得意な人の逆になります。

・コミュ力が低い

・行動が遅い

・予習が不十分

コミュ力が低い

コミュ力が低いため、先輩や先生に聞くことができません。実験本などをいくら読んでもわからないところはあります。そのときに、どうしたら良いか聞かなければ行動しても失敗してしまうこともあります。中々聞くことが難しく、行動できず時間がかかることがあります。

行動が遅い

自主性がなく、中々行動に移せない。周りを見てからでないと失敗するかもしれないということから行動に移せない人もいます。そのため、実験が早い人よりもいつも遅れてしまいます。

予習が不十分

予習が不十分のため、何をすればよいか、先のことで準備することがわからないということがあります。要領良く動くことができません。また、失敗の可能性も高まります。

勉強できても実験が遅い人はいる

座学の勉強は得意でも実験が苦手で遅いという人は意外と多いです。逆に勉強苦手でも実験は得意で早い人もいます。

勉強ができるのに実験が苦手という人で多いのが、コミュ力の問題だと思います。予習はしていても、わからないところがでてきたときに先輩に聞くことができないのが原因のことが多い気がします。

研究室配属後にも影響あり

研究室配属後の配属したてのときには装置の使い方でわからないことも多いと思います。そのときに、先輩に聞けないとトラブルになることも考えられます。

また、研究において、先々のことを考えて行動すると要領よく実験を進められます。

学生実験と違い、毎回違う操作ではないので、操作に慣れれば似たような作業が多いのであまり問題にはなりません。また、始め苦手でも徐々に効率は上がっていくと思います。

私の場合の体験談

私の場合、勉強はできるけど、実験は苦手でかなり遅いタイプでした。勉強は時間を使えばできますが、実験はいくら予習をしても効率的に早く終えることができませんでした。

ペアの子も実験が得意なタイプではなく、コミュ力が高い方ではありませんでした。

わからないところがでると、二人で相談していましたが、中々合っているかわからず、時間が経つばかりでした。実験は嫌いで、とても苦労しました。

隣の実験をしている学生ペアはコミュ力がかなり高く先輩を常に引き付けていました。そのため、予習はあまりしていなかったのですが、先輩の言った通りにしていたので、早く終わっていました。終わった後にようやく先輩に見てもらえるという状況でした。

斜め前の実験ペアは要領が良く、先を考えて行動するペアでわからないところは適宜先輩に聞くということをしていました。とても早く実験を終えていました。

www.afirizakki.com

www.afirizakki.com