素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

卓球バックハンドが入らないときの打ち方と練習やコツなど!

卓球のシェークハンドでバックハンドがフォアよりも難しいと感じる初心者の方も多いと思います。私もバックハンドが安定して入るようになるまで時間がかかりました。私の場合、バックハンドの打ち方が分からなかったということと、フォアでの練習が多くバックをおろそかにしていたということがありました。

このページではシェークのバックハンドが難しいという方はまずはショートで練習することをおすすめしています。また、ショートで練習することの良いことやショートの打ち方のコツについて書いています。

こちらの記事もおすすめです。

www.afirizakki.com

目次

バックハンドのショートの打ち方

ラケット面を台に対して直角に構え、来た球に対して、ラケット前に押し出して返します。ラケットを少し前に押し出すだけで、振りすぎないように注意しましょう。

なかなかラリーが続かないときのコツ

始めは強く返球しようとせず、力を入れすぎないように前に押し出しすぎないようにすると良いと思います。タイミングで早く打とうとすると、飛ばないので、引き付けて返球すると良いと思います。

ラケットの角度はほんの少しずつ微調整して、オーバーしたときはこの高さの球をほんの少し角度を下にしようなどと考えながら打つと良いと思います。

ショートから練習すると良い理由

ショートから練習するのが良いと思うのは、ショートでバックハンドの打球感やどのくらいの角度で当たると返球できるかが掴めてくると思うからです。

バックハンドの技術の基礎になると思います。そのため、ショートをしっかり身につけると、強打もすぐに打てるようになってくると思います。また、ブロックもショートができると見につきやすいと思います。

ショートの練習

まずは、バックハンドでのラリーを続けられるようになりましょう。始めはゆっくり行い、安定して返せるようになったら、スピードを速くしてラリーをしてみましょう。

できるようになったら、フォアとバックの交互に打つ切り替えの練習をして、その後、ブロックや強打、スマッシュの練習をすると良いと思います。

フォアもバックもどっちもできるように!

フォアハンドだけでなく、バックハンドも同じくらい重要だと思うので、できるようになりましょう。フォアに時間をかけがちですが、バックハンドのショートも十分に練習しておきましょう。バックが苦手だとバックを狙われてしまいがちです。

www.afirizakki.com