素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

大学で単位取得に過去問はいらない??メリットとデメリット

大学1年生の頃は授業の単位を取得するには、過去問が必要だと思い躍起になって過去問を集めていたのを覚えています。大学の単位取得には過去問が必要なのか、デメリットなどについて書いています。

主に、理系の学部について書いています。文系の方には当てはまらないこともあるかと思いますので、ご了承ください。

 こちらの記事もおすすめです。

www.afirizakki.com

目次

大学の授業の単位取得には過去問はいるのか??

大学の授業の単位取得には過去問は必要ではないこともありますが、過去問がある方が効率的に勉強できるし、取得しやすくなると思います。

過去問があると、どのような部分が試験で出題されるかということがわかります。そのため、過去問を解くと、効率的でそれだけで単位を取得できることもあります。

過去問がない状態よりも、過去問を集中して解き、解き方を覚えることで短い時間で単位取得を狙えます。過去問がないと、ノートの勉強ではどこが重要かわからず時間がかかる、問題演習ができていないため解けないことがあるということがあります。

過去問を解いて勉強する学生は多いです。過去問だけの勉強で、授業のノートは過去問を解くのに使う程度の人もいます。

過去問に頼るデメリット

過去問だけで試験勉強を終わらせる学生も多いです。過去問だけだと、勉強時間も短く、一夜漬けで終えることができます。

しかし、デメリットとして以下の点があります。

・例年と違った場合に対応できない

・解き方だけで理解していない

・正確な答えがないと間違った解き方を覚えてしまう

例年と違った場合に対応できない

過去問で勉強して、出題パターンを覚えても、例年と違うところが出題されてできないということがあります。これによって、単位を落とす学生が多くなる授業があります。

私が学生の頃に過去問と全く違う範囲が出題されて、教授が激怒した授業がありました。

解き方だけで理解していない

過去問の問題の解き方を覚えただけで、内容を理解していないという人もいます。理系の場合、それが次の授業の基礎となることもあり、理解していないと後々難しく感じるということもあります。

正確な答えがないと間違った解き方を覚えてしまう

過去問は参考書と違い正確な答えが分からない場合が多いです。できる人が解いて、周りで共有するということが多いです。そのため、その答えが間違えていれば、間違った解き方を覚えて、試験でも間違いを解答してしまうこともあります。

一番良い単位取得の勉強

過去問を使って勉強して、分からない部分はノートなどで理解しながら勉強します。過去問での演習が終わった後、ノートの方の復習もするのが良いと思います。

また、授業の内容は授業でしっかり理解しておくと楽です。

www.afirizakki.com