素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

大学化学科一番忙しい時期はいつ??

化学系の大学の一番忙しいのは大学1年生から4年生のいつなのかについて書いています。

私が大学にいたときの経験と、周りの化学系大学に進学した友人の話を元に書いています。全ての大学で当てはまるかどうかはわかりませんので、ご了承ください。

こちらの記事もおすすめです。

www.afirizakki.com

目次

それぞれの時期で大変なこと

大学1年生

大学1年生のときは大学の単位の取り方や授業の選び方でよくわからず、必死になると思います。単位はフルで授業を受ける人が多いと思います。

また、実験では予習とレポート提出なども初めてで忙しいと思います。

大学って意外と忙しいと感じると思います。

後期では基礎の教養科目と、実験になることが多いと思います。1年生の前期に比べて慣れてきて少しゆとりがあると思います。 

大学2年生

大学2年生では、少しずつ化学の専門科目の授業が増えてきます。実験が化学のみの1つであれば大学1年後期同様そこまで忙しくないと思います。後期では専門科目の授業も多いと思います。授業数は2年生でも多めに取る人が多いと思います。

大学3年生

大学3年生では専門科目の授業が多くなって授業も難しくなっていると思います。また、実験の時間が増えて実験の日は大変だと思います。単位が怪しい人にとっては忙しいと思います。しかし、単位に余裕がある人たちは少し授業を減らしてゆとりがあると思います。

大学4年生

研究室配属があり、研究に打ち込みます。

忙しい研究室だと、朝から夜の10時以降まで研究をさせられます。ゆるいところだと、研究室にあまり行かなくても良い場合があり、研究室によって差があります。

大学で一番忙しい時期

研究室が大変なところだと、間違いなく、大学4年生が忙しくなると思います。

逆に研究室が楽であれば、大学1年生の前期が忙しいかなと思います。もし、単位がギリギリの場合は、3年生で授業をフルで受けて、実験もこなして、単位取得のための勉強に打ち込み忙しくなるかもしれません。

化学科から見る文系との比較

化学科のどの時期を選んでも文系のどの時期よりも忙しいと思います。個人差や学部にもよるとは思いますが、平均して化学科の方が忙しいです。

化学系の方が一度は文系をうらやましく思うことがあると思います。

4年生の研究室選びで失敗しないように頑張りましょう!

www.afirizakki.com

www.afirizakki.com