素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

卓球裏ソフトラバーの種類とそれぞれのおすすめについて

卓球のラバーには大きく分けて、裏ソフトラバー、表ソフトラバー、粒高ラバー、アンチラバーがあります。ですが、裏ソフトラバーをさらに分けると、ハイテンション系ラバー、高弾道性ラバー、粘着ラバーに分けることができます。

裏ソフトラバーのそれぞれの種類の違いと、それぞれのおすすめのラバーについて書いています。

 こちらの記事もおすすめです!

www.afirizakki.com

目次

裏ソフトラバーの種類について

裏ソフトラバーは他のラバーの種類に比べて、回転がかけやすく、多くの人が使っているラバーです。裏ソフトラバーの中でも種類があり、それぞれ特徴があります。

ハイテンション系ラバー

スピードが速く、よく弾みます。また、回転もかけやすいので、安定した球を打つことができます。高弾道性ラバーよりも性能の高いラバーといった感じです。以前には、ハイテンションラバーはほとんどありませんでした。メーカーの技術力の高さが伺えます。

上級者の方曰く、何でも入るということを言っていました。もちろん、技術がなければ入りませんが、他のラバーよりもコントロールしやすいです。

高弾道性ラバー

スピードのある速い球を出すことができます。また、回転もかけることができます。スピードや回転量はハイテンションラバーに劣ります。ハイテンションラバーが流行る前は多くの方が使用していました。現在はハイテンションラバーが流行り、使う人も減ってきています。

粘着ラバー

球離れが長く、摩擦が大きいため回転をかけやすいラバーとなっています。ハイテンションラバーよりも回転量は多くなります。スピードは高弾道性やハイテンションラバーよりも劣ります。

名前の通り、球をラバーにくっつけると引っ付きます。ラバーの上で転がすと、粘着テープの上で転がしているような感じです。

どの種類を使うのが良いか

その人の戦型によって使うラバーは違いますし、好みの問題もあります。

ハイテンションラバーは中級者、上級者の方向けかなと思います。始めから使用すると、ラバーの性能で良い球が打てるので、効率的な打ち方でなくても打ててしまい、クセになります。また、値段が高いので、初級者、中級者の方は高弾道性がおすすめです。

また、両面で違う種類を使うこともあります。私の場合は、表がハイテンションラバーで裏が粘着ラバーにしています。粘着ラバーはハイテンションラバーよりもサーブの回転量が増え、気に入っています。そのため、片面は粘着ラバーにするのが気にいっています。

裏ソフトおすすめのラバー

ハイテンションラバー

テナジーシリーズ

回転のかけやすさとスピードどちらも素晴らしい性能です。テナジーには種類があり、少しずつ性能が違いますが、どれも強力なラバーです。値段が高いのがネック。

高弾道性ラバー

スレイバーシリーズ

私が長く愛用していたラバーです。ハイテンションラバーに比べると劣りますが、スピード感と回転量も申し分ないです。また、値段も安めで、ハイテンションラバーの値段と比べると、2枚買えます。初心者にも使いやすくておすすめです。

粘着ラバー

キョウヒョウプロ2

私が使っているラバーで、とても回転がかかり、また、打球感も気にいっています。スピード感もあまり気になりません。とても使いやすいです。

www.afirizakki.com