素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

下回転系のサーブで簡単にできるサーブのコツ

下回転のぶち切れサーブで当てるだけだと、落ちるサーブは意外と難しいです。私も習得するのに時間がかかりました。

市大会で県大会に進出できない方で、下回転系のサーブの回転がかかっておらず、ナックルに近く、先に攻められて受け身になってしまう場合があります。

下回転の回転のかかったサーブは難しいですが、横下回転の切れたサーブは出しやすいので、横下回転のコツについて書いています。

www.afirizakki.com 目次

下回転サーブが難しい理由

下回転サーブでは球の下を水平にこする必要があります。回転がかかっていると、戻ってくるような球になります。

初心者の方の場合、水平にこするのが難しく、水平を捉えスイングスピードを速くこするのが難しいと思います。また、ネットを超え、低い軌道の下回転を出せるようにコントロールするのも難しいと思います。

切れた下回転が出せると、中途半端なツッツキの場合はミスさせることができ、相手に攻めづらくさせることができ、ナックルとの使い分けでも効果大なのですが、習得が難しいと思います。そのため、まずは初心者の方でも回転をかけやすい横下回転のサーブをおすすめします。 

横下回転の簡単にできるコツ

フォアサーブの打ち方

親指と人差し指のみの持ち方だと手首を動かしやすいのです。

変に力を入れすぎず、腕を振り子のように後ろから前に振ります。ラケットの角度はボールの斜め下を切るように45度程度にして、ボールの斜め下をこすります。

力を入れすぎないことがポイントです。

バックサーブの打ち方

ラケットを肩の辺りから、腰を捻ってラケットを振ります。ボールの下をこするようにすると横下回転が打てます。腕に力は入れず、腰を捻ることで、切ることができます。

フォアと違い斜め下をこするのではなく、ボールの下を横にラケットでスライスするようなイメージです。

おすすめはバックでのサーブ

初心者の方はバックでの上の出し方をする方が回転のかかった球を出しやすいと思います。バックの横回転もフォアよりも切れた球を出しやすいと思います。フォアの場合は手に力が入って結果的にスイングスピードが遅くなったり、下を捉えるのが難しいためだと思います。

バックの場合は下半身を捻って打ちやすく、結果的にスイングスピードは速く回転の良くかかったサーブを打ちやすいと思います。

横下回転でも落ちる

横下回転でも回転の良くかかったボールだと下回転と同様、中途半端なツッツキだと下に落ちます。そのため、相手が攻めづらくなり、3球目攻撃もしやすくなると思います。また、ナックルサーブとの使い分けで相手のレシーブミスも誘うことができると思います。

まとめ

初心者の方で、下回転が中々上手く出せないという方は、まずは下回転よりも簡単な横下回転の回転が良くかかったサーブを出せるようになると、試合で役に立つと思います。

 

楽天ではラバーの種類が豊富で、配達も迅速です!ラバーの値段も安いです!テナジーを買うなら楽天がおすすめです!

また、楽天カードを利用して購入すると、ポイントがとても貯まりやすくてお得です!ずっと無料のカードを新規発行すると合計7000円分のポイントももらえるのでおすすめです!

    

 こちらの記事もおすすめ!

www.afirizakki.com