素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

卓球初心者向け!スピードドライブを安定させるコツ!

卓球のフォア打ちをマスターしたらドライブの練習をしていくと思います。ドライブには2種類大きくあります。スピード重視のスピードドライブと回転重視のループドライブです!初心者の方向けにスピードドライブを安定させるコツについて書いています。

目次

 

スピードドライブを安定させるコツ

①角度が大切

②腰など下半身で安定させる

③スピードを調整する

スピードドライブでは上の3つを意識することで安定させることができると思います。

 

①角度が大切

スピードドライブではループドライブと違って、スピードを重視するため、玉の軌道は低めで、回転量が少なくなってしまいます。そのため、ループドライブよりも安定性が低くなるので、角度が重要になってきます。

球の高さと回転量を意識して角度を変える必要があります。

高さが高い→ラケットは水平方向

高さが低い→ラケットは上方向

下回転の回転量強い→ラケットは上方向

下回転の回転量少ない→ラケットは少し上方向

回転のかかっていない高めの球であれば水平気味のスイングで入ります。

下回転が強く、低めの球の場合は、斜め上方向のスイングになります。

 

②腰など下半身で安定させる

全般に言えることですが、手に力を入れて手打ちにするのではなく、下半身で打つことで安定した打球になります。特にドライブは回転とスピードの両方を出すためには下半身が重要となります。

 

③スピードを調整する

私が高校生のときにしていた失敗で、スピードドライブを一発で決めるようなドライブを目指していました。スピードを出すために思いっきり振り回していました。

しかし、相手からのサービスを一発で決めるようなスピードドライブを打つのは県大会レベルの実力では難しいです。スピードを出すことを意識するということは、回転量が少なくなり、弾道は低くなります。相手からのサービスの場合、球が低く、回転量を把握しなければならない、タイミングの取りにくさといったことが挙げられます。

また、全力で振り回していたら次の返球に対応できません。

そのため、チャンスボールとレシーブのときとスピードを調整すると安定度は変わってくると思います。

球の球速は回転量と速さの両方が出せるようになってから、徐々に変えていきましょう。

 

練習方法

①多球練習

  ⇩

②3球目攻撃

  ⇩

③練習試合

とってもスタンダードな練習です!

 

①多球練習

多球練習で打球感やスイングを安定させます。回転のかかっていない球だけではなく、少し下切れされている球も出してもらい、回転のかかったボールにも対応できるようにしましょう。

 

②3球目攻撃

自分のサービスからの攻撃パターンを身につけます。県大会レベルでは3球目攻撃で決まることも多いです。しっかり自分の3球目の練習をしておきましょう。

 

③練習試合

いよいよ実践です!3球目攻撃での攻撃パターンをバンバン使っていきましょう。練習なので、積極的にミスを恐れずに振っていきましょう!

 

まとめ

スピードドライブをこれから身につける方や安定しない方は、

角度、下半身を安定させる、スピードを調整するということを意識してみましょう!

また、初心者の方は練習として、

多球練習、3球目攻撃、練習試合での練習がおすすめです!

どの戦型でも必要な技術なので練習していきましょう!

 

楽天ではラバーの種類が豊富で、配達も迅速です!ラバーの値段も安いです!テナジーを買うなら楽天がおすすめです!

また、楽天カードを利用して購入すると、ポイントがとても貯まりやすくてお得です!ずっと無料のカードを新規発行すると合計7000円分のポイントももらえるのでおすすめです!