素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

文系の方にも読んで欲しい!「理系冷遇社会」感想!

大学生になってから、感じていたことがありました。それは、文系と理系を比較したときに理系の方が勉強時間も多くて、単位の取得が大変にも関わらず、年収などで文系に劣っている。また、研究者になるために頑張るも、日本は研究者に不遇な環境な気がしていました。

ブックオフに行って、セールコーナーで50円で購入できるということで、本を探していると、この本「理系冷遇社会」という本が目にとまりました!とても興味深く読ませて頂きました!少し古い本で現在と状況が変わってきているところもあるかもしれませんが、大きくは変化していないと思います。

文系の方にも理系のあり方を見てほしいです!公務員の方の目に届きましたら、もう少しだけ理系を優遇してほしいです><

また、文理選択で将来について悩まれている方にも参考になる本だと思います!(^^)!

 

                

目次

 

「理系冷遇社会」を読んだ感想

この本を読んで、うんうんと頷くことが多かったです。この本が多くの方に読んで欲しいと思いました。

日本の技術は素晴らしいと思われている方も多いと思いますが、現在日本の技術力は各国へ抜かされてきています。日本の技術力を高めるためにも理系にもう少しだけ支援してほしいと感じました。

理系人材の冷遇のところが特に読んでいて納得して、面白かったです。児童の理科離れなども興味深かったです。

忙しい大学生活、高い学費、就職先での激務、昇進しにくい理系社員、定職に就けないポスドクなど、不遇かも…と思ってしまいます。

学費に関しては、私立だととても高い学費です。大学院に進学することを考えると、より高い学費がかかります。私立理系の私の場合、1年の学費は150~200万円で、文系の方よりも高いです。

 

理系には行くべきではないのか??

理系ではとても冷遇されているように思うところもありますが、理系に進学することで培われる分析力や理論的な視点は将来的に役に立つと思います。私は理系に進学したことを後悔したことはありません。

 

文理選択で迷われている方へ

将来どのような仕事をしたいか、どのような人間になりたいかで文理選択をすることをおすすめします。コミュニケーション能力を生かした仕事がしたいという方は、文系で自由な時間がいっぱいあるので、様々な経験を積むことができます。また、文系職であっても、理系に進学して分析力を身につけることで、営業などで役に立たせることができるかもしれません。

プログラマーや研究者になりたい方は理系に進むことがおすすめです。好きでないとなかなか難しい職です。途中で断念したとしても、努力した分はきっと自分の成長につながります。

 

まとめ

・理系冷遇社会を読んで、多くの人に理系の不遇や技術力向上のためにも知ってほしい

・理系の不遇

 →忙しい大学生活、高い学費、就職先での激務、昇進しにくい理系社員、定職に

  就けないポスドクなど

・理系の不遇なところはあるけど、培われる分析力などは役に立つ

・文理選択はしっかり考えよう!