素人初心者が雑記アフィリエイト!!!

素人初心者が雑記アフィリエイトして稼げるのか?!?!検証していきます!

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」小説との違い!ネタバレ感想注意!

8月18日から公開中の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見に行ってきました!!!

 

あんまり満員の映画館で見るのが好きじゃないので、人が少ない映画館に行ってみました。そうすると、平日だったためか10人もいませんでした...

 

公開してまだ3日目なのに予想以上に少なくて快適でした!!人が少ない映画館に行ってよかった!(^^)!

 

私は映画が始まる前に小説の方を読んでいて、内容を知っていたのですが予告編を見ていってみたくなりました!

 

「君の名は」と同様にヒットなるのでしょうか!!楽しみです!

 

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
キャスト
及川なずな:広瀬すず
島田典道:菅田将暉
安曇祐介:宮野真守
なずなの母:松たか子
純一:浅沼晋太郎
和弘:豊永利行
稔:梶裕貴

 

主題歌「打上花火」
DAOKO×米津玄師

 

「Forever Friends」
DAOKO

 

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」小説との違い!!

 

内容はほとんど小説と同じでした!ただ、小説の方が様々な描写があったりします!

 

例えば、映画ではもしもの世界に行ったときの変化というのは花火が平べったくなっていたり、花びらのようになっているだけでした。

 

しかし、小説の方ではこのほかにもスイカバーが円筒形になっていたり風車が逆向きに回っていたりしました。

 

そのほか細かい描写がありませんでしたね。

 

映画版ではなずなが電車の中で「瑠璃色の地球」を歌います。そのときに小説にはないドレス姿になってディズニー的なシーンがあります。

 

しかし、広瀬すずさんの歌が聞けるという意味ではありですが、内容としてはいらない気がしました。

 

映画では最後に酔ったおじさんがもしも玉を打ち上げて砕けてしまいます。小説では投げたまま返ってこないだけでした。

 

映画では、もしも玉が砕けて色々なもしも自分の願いが叶ったときを映し出して感動させる場面がありました。

 

映画の方がなずなの典道を好きという気持ちが伝わってきました。もしも玉が砕けたときも、なずなには典道とのデートしてるところが映っていましたし。

 

また、最後なずなが典道とキスをするのですが、映画ではどちらかというとなずなの方から典道に寄っていっていました。

 

小説では典道から寄っていきましたし、結局最後バイバイで終わりました。小説では結局どうしてかけおちしようとしたのか、ただ親に反抗したかっただけなのか、思い出が作りたかったのかよくわかりませんでした。

 

映画ではラブストーリー的な感じでまだ疑問が少なかったかもです。

 

小説と映画では最後が違います。小説ではなずなが海から茂下海岸へ上がりにいくので終わりでしたが、映画では典道が学校を欠席して終わりました。

 

色々なことが推測されますね...典道がなずなとデートしていればいいな!!

 

 小説「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のご購入はこちらから!!

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫) [ 大根 仁 ]

送料無料■サントラ CD【映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」オリジナル・サウンドトラック】17/8/9発売【楽ギフ_包装選択】

 

www.afirizakki.com